cherusi-kitchenの日記

日々の生活に流されて、美しいもの感動したものを忘れ去る自分の為に書き留めておこうと始めました。その時々の季節の移り変わり、また自分の心の移り変わりも書き留めたいと思っていますf:id:cherusi-kitchen:20160309033342j:plain

3月の朔日餅は…

3月の朔日餅…は「草餅」でした。
草餅だ〜い好き!

かすかにヨモギの香りがします… 食べると柔らかいのに、コシがありなかなかのお味。     
f:id:cherusi-kitchen:20210302011238j:plain

コレはコレで美味しいのだけど、もっとヨモギの香りが強くてもいいかなぁ〜って思ってしまいました。
よもぎ餅は「ボッテリ」の方も美味しい😄
 
さて、
日曜日、珍しく娘が柑橘系(柚子とザボン)の皮で「ピール」を作ってました。

私も以前は、甘夏や柚子の皮でよく作っていましたが、時間がかかりだんだん面倒になってきて…最近は、
全く作る気になれません。

「教えて〜、私が作るから!」って。

f:id:cherusi-kitchen:20210302002853j:plain
初めてにしては美味しそうに出来ました。
(只今、乾燥中です。カラッと乾いたら出来上がり)

娘はザボンの皮を煮ている間、チーズケーキも焼いてました。
形は悪いけど(失礼)なかなか美味しそ〜です!

f:id:cherusi-kitchen:20210302005421j:plain

さっそくコーヒーを入れて戴きました。

「ありがとう。本当に美味しかった。」(感謝)

誰かに作ってもらったものは、何でも美味しいなぁ〜ってつくづく思います。

河津桜と銚子川

紀北町にある「権兵衛の里」に行って来ました。「河津桜」が満開の情報を得て…。

f:id:cherusi-kitchen:20210223220041j:plain

朝からあまりにも良い天気で、その上暖かくて気持ちが軽くなるような日だったので、久し振りに「どこかへお出かけしたい!」って思いました。

午前中はリンゴのシャンプーをしてクタクタになってましたが、毛をシッカリ乾かせたかったのでリンゴも同伴です。
 リンゴは私達の準備でピーンと来たようで、キュ〜ン、キュ〜ン…ソワソワ…ガタガタ
「今日はワタシを置いてかないでえ〜!」状態です。

場所は紀北町の銚子川沿い「権兵衛の里」。

f:id:cherusi-kitchen:20210223221448j:plain
濃いピンクの河津桜はほぼ満開!
本当に綺麗でした。
f:id:cherusi-kitchen:20210223221721j:plain

出かけたのが正午過ぎだったので、人出は多くありませんでしたがのんびりと桜の下を散策できました。

桜も素晴らしかったのですが、私が気になっていたのは「銚子川」のことです。

銚子川といえば、以前(2018年)NHKスペシャルで奇跡の川「銚子川」~見えないものが見える川~と紹介され、気になり行きたかった場所の一つです。                  実際に見て納得しました。
透明度が半端ないのです!

f:id:cherusi-kitchen:20210223223830j:plain
水が本当に美しい…

リンゴも美味しそうに水を飲んでいました…
f:id:cherusi-kitchen:20210223225107j:plain

f:id:cherusi-kitchen:20210223224954j:plain 

椎茸の、、、

 軽トラで20分位の所に、母の弟(おじ夫婦)が住んでいます。
代々木材と農業、茶畑を生業としていましたが、二人とも高齢でだんだん仕事が難しくなっています。息子(従兄弟)は家業を継ぐつもりはありません。
仕事を頼んでいた近所の方達も同様に歳をとり、頼んでも断られているようです。
で…!
私の様なヘナチョコにも声がかかりました。

去年私が何気なく「私にできる事があったら、何でも手伝うよ」って、つい言ってしまったんダー(笑)。

f:id:cherusi-kitchen:20210218124300j:plain
仕事は「椎茸の菌打ち」です。

f:id:cherusi-kitchen:20210218135325j:plain 
ドリル又は機械で穴を開けた「椎木」「クヌギ」等の丸太に椎茸菌を入れる単純な作業ですが、指先はささくれるし、同じ姿勢で腰は痛いし、終わったら10kg〜15kgの丸太を移動するのが結構大変。
…でもやっと筋トレの成果が発揮出来る…かも(フフフ)

f:id:cherusi-kitchen:20210218130329j:plain
去年の今頃も大量の原木と格闘していました。
f:id:cherusi-kitchen:20210218131026j:plain

f:id:cherusi-kitchen:20210218135241j:plain
叔父の家に寄ると、いつも当たり前のように規格外の大きな椎茸を貰い、椎茸の生姜焼きを食べていたけど、これってメッチャ贅沢だったって今頃気付きました。

これからもお手伝いしますからね!

気持ちいいお天気!

今日も暖かくて気持ちの良いお天気でした。

f:id:cherusi-kitchen:20210212001422j:plain

1ケース500円で購入したビオラも、色が出揃い良い感じに花をつけています。黄色と青はケース買いしたお得ビオラです😄
f:id:cherusi-kitchen:20210212001957j:plain

毎年咲く黄色の花(名前がわからな〜い)
f:id:cherusi-kitchen:20210212010532j:plain
嬉しいのは去年「花市場」で買ったチューリップの芽が出てきた事。
f:id:cherusi-kitchen:20210212002508j:plain
チューリップは簡単に芽は出るのですが、芽が出る時期に水が不足すると立派な花が咲かないことがあります。
ま、これで一安心。

※草取り開始
f:id:cherusi-kitchen:20210212003748j:plain
今日は草だらけの畑の草取りをしました。(草取り後の画像は無し)

今年はここにジャガイモを植えるつもりですが、一部連作になりそうでコワイなぁ。
種芋は2種類(男爵、メークィン)買ったのだけど、暖かい場所で只今芽出し中。

f:id:cherusi-kitchen:20210212003636j:plain
去年の残っているジャガイモに芽が出てきました。実験的にコレも植えてみようか。
昔は種芋として残し植え付けてましたが、収穫が少ないのと、途中で種芋が腐ってしまったりするので最近では購入しています。

多分、連作と芽かきのタイミングが悪いのが原因かもしれません。

つくづく思うのは野菜作りは「奥が深い」と言う事。2〜3年は出来ても、毎年当たり前に出来るとは限りません。

立春大吉餅

2月の「朔日餅」は、「立春大吉餅」でした…

f:id:cherusi-kitchen:20210201123941j:plain

白ときな粉の2色です。
「節分」にちなんで、こし餡の中に大豆と黒大豆の甘煮が入っています。これがアクセントになってなかなかイケます。

「私にはチョット甘いかも…」
と思いつつ、ぺろりと2個とも食べました。
f:id:cherusi-kitchen:20210201124916j:plain

「フフ…やっぱり美味しいですヮ。」


美味しいといえば、
昨日久し振りに残り少なくなった「干柿」を食べましたが、最高に美味しかったです。
自然の甘味には勝てませんね。

去年の12月末に、まだ柔らかめの干し柿を揉み、切った藁(ワラ)の中で大事に保存していました。
乾燥しているので冷蔵庫には入れません。

f:id:cherusi-kitchen:20210201125723j:plain]

今年の干柿は、「富有柿」(甘柿)で作りました。
もともと甘柿なので、白い粉(果糖)は付きませんが、それでも十分に甘いです。

去年はあまりにもなり過ぎて、ご近所さんにも知り合いにも「良かったらどれだけでも採っていって。」と声を掛けましたが…
採ってくれたのは、叔父が段ボール5-6箱くらいかなぁ。
私も80個くらい「干柿」にしましたが、それでもなかなか減ったようにはみえませんでした。

12月中旬(熟して落ちる頃)ヒヨドリとカラスが集団でキレイに食べていきましたよ。大宴会は2日続きました。
宴会の「3密」は?…関係ないっか…


今、柿の辺りは「八朔ミカン」と「ネーブル」が7-8個なってます。
ネーブルは酸っぱくて食べられません。採ってビニール袋に入れて保存しておくと甘くなると聞きました。
近いうちに収穫します。 

楽しみ!!

害虫被害も、

先週から雨続きでうんざりでしたが、今日は午後からお日様も出てホッとしています。

冬の雨は畑にとっては貴重で有り難いのだけど、リンゴの散歩は…チョットネ(寒くて行くの嫌やなぁ〜って)(笑)

さて、
畑の野菜たちも害虫被害からやっと復活しつつあります。
ダイコンサルハムシ(やっと覚えた)の被害が一番ひどかった大根と「ナバナ」も元気になりました。
f:id:cherusi-kitchen:20210127162641j:plain
「ナバナ」アンタはエライ!

ナバナは茎も芽も食べつくされ壊滅的で諦めてましたが、一番早く復活!

f:id:cherusi-kitchen:20210127162707j:plain
大根も新芽にウジャウジャついて、今年はもう無理かもって思っていたのですが、じっと耐えて頑張ってくれました。ただ成長は遅かったです
※ナバナとサニーレタスを収穫
f:id:cherusi-kitchen:20210127163449j:plain
サニーレタスは昼食用、ナバナは夕食の「味噌和え」にしようかな。

[余談]
白菜の「レース仕立」(笑)
f:id:cherusi-kitchen:20210127163852j:plain 
 
でもよく見ると、
f:id:cherusi-kitchen:20210127164205j:plain 
真中の葉は黄緑色で綺麗でしょ?
何枚か剥すと、中は何ともないんです!
しかも、ジュシーで甘いんです。

「白菜さん、アンタもエライ!!」

白菜

 今日は明るくて春を思わせるお天気でした。
洗濯物も良く乾くし気持ちいい…でも、やっぱり今は冬。春はまだまだ先だけど、早く暖かくならないかなぁ〜。

 先日の私の大切な野菜につく黒い害虫は「ダイコンサルハムシ」でした。

私の無農薬有機栽培の白菜にも付いて、外側の葉はもうレースのようになってます。(全く!腹がたつ!)
 一体どこまで食ってるのか確かめる為に葉を一枚ずつ剥がしました。
6-7枚剥すとあの憎っくき「ダイコンサルハムシ」めは居なかった!!
f:id:cherusi-kitchen:20210121203854j:plain

 …でも、美味しそうな黄緑色の外側の葉は使えません。ま、全部捨てる事にならなくて良かったと思わないとなぁ〜(苦笑)

 サテ残りの白菜はどうしよう?
全部採って新聞紙を巻いて冷暗所で保存するか、このまま畑で害虫も一緒に外側の葉で丸く覆って紐でしばるか?(いつもならこの方法で保存)

ま、食べることが出来て少しは腹の虫も納まりましたけど…(ハイ、単純デス!)

白菜の茎だけ細切りにして、マヨネーズをつけて食べると甘くて美味しかったです。

一部は浅漬けにしました
f:id:cherusi-kitchen:20210121202316j:plain
今回は楽ちんに、一夜漬の素を使いました。

何とか夕食に間に合いましたが…
f:id:cherusi-kitchen:20210121202833j:plain
何かインパクトがない?

「あっ!」
慌てていたので、柚子と唐辛子を入れるの忘れてました(笑)