cherusi-kitchenの日記

日々の生活に流されて、美しいもの感動したものを忘れ去る自分の為に書き留めておこうと始めました。その時々の季節の移り変わり、また自分の心の移り変わりも書き留めたいと思っていますf:id:cherusi-kitchen:20160309033342j:plain

サボりサボりでも、、、

 今年の畑は、気合も入らずサボりサボりの畑仕事でしたが、先日嬉しい発見がありました。

f:id:cherusi-kitchen:20170622165756j:plain

ダメ素で植えた「小玉スイカ」が育っていました。まだ直径5cmの可愛いスイカです。他にもそれより小さいのを2個ほど確認しました。カラスの餌食にならぬよう、さっそくパクチーの枯れ枝を被せましたが、、、、。

 植物は本当に正直で、世話をすればするだけ応えてくれます。少々遅く植えても、最初の肥料が少なくっても、後から追肥すればやった分だけきちんと育ってきます。

 

もう一つ、嬉しかったのは名前は忘れましたが「鉄砲ユリ」が咲いたこと。

f:id:cherusi-kitchen:20170622170727j:plain

色々な花がありますが、やはりユリの花は豪華で人目を惹きますね。ご近所の方も「りっぱなユリが咲いたね。」って声を掛けて下さいます。

 

しかし、、、、私が一番大好きな花で待ちこがれている、、、

f:id:cherusi-kitchen:20170622171048j:plain

カサブランカ」はまだまだ固いつぼみで、、、、いつ頃咲くのやら、、、、。

カサブランカの香りと豪華な姿は、(人にはそれぞれの好みがありますが)私の中ではもう女王様。

カサブランカ1本で周囲を良い香りで包み、リッチな気分にさせてくれる花は他には思いあたりません。(ユリの匂いがきつくてあまり好きではない友人もいますが。)

 

 畑の隅っこで、切り花用に育てている「ヒャクニチソウ」も花をつけてきました。

f:id:cherusi-kitchen:20170622172646j:plain

シジミチョウが一生懸命に蜜を吸っています。

 

真っ白な「ハナトラノオ

f:id:cherusi-kitchen:20170622173101j:plain

ヒャクニチソウハナトラノオも切り花用です。母が仏壇用にと玄関の鉢植えの花をちょん切ってしまうので私としては苦肉の策です。

f:id:cherusi-kitchen:20170622174350j:plain

昨日の雨で緑がますます濃くなってきました。

夏までに剪定してすっきりさせなければヤブ蚊の温床になってしまいますね。

 

 

初物

キュウリ初物です。

f:id:cherusi-kitchen:20170614220602j:plain「水」

サボりサボりの畑仕事は正直に野菜たちに現れます。

第一段のキュウリがやっと採れました。去年より12日遅れです。

去年は確か5月の末には数本採れていましたから。

でも遅くてもみずみずしいキュウリのお味は抜群。いつも第一段は「酢の物」ですが、

今回は「やみつきキュウリ」にしました。

 塩をまぶし板ずりしたキュウリをまな板の上でスリコギで叩きます。適度に切ったキュウリに少し塩を足し、ボールの中で休ませると良い色合いに。出た水分を絞り、ポン酢にゴマ油をポトンポトンとたらし、一味トウガラシを振りかけて出来上がりの超簡単料理。

お味の評判はなかなか良かったです。

f:id:cherusi-kitchen:20170614222014j:plain

可愛いキュウリの赤ちゃんは、毎朝星☆をくっつけて咲いてきます。可愛いったらありません。

10日も経たない内に食べきれない位生って来るでしょう。。。。多分???

 

10本以上あるトマトの苗は友だちに貰いました。

f:id:cherusi-kitchen:20170614222150j:plain

しかも、4種類のトマトの苗を貰ったはずですがごちゃごちゃに入ってて、どれがどれだかさっぱりわかりません。実が出来て最近やっと区別がつくようになってきました。

(トマトの周りのパクチーが、カラスからトマトの実を守ってくれるはず?)

 

アジサイ

f:id:cherusi-kitchen:20170614222909j:plain

〈テマリテマリ〉

去年、地区のバス旅行で行った「紫陽花の里」で、新作のアジサイ「テマリテマリ」を1鉢だけ購入しました。

一回り大きい鉢に植え替え、枝の剪定をしたり追肥をしたり大切に育てていました。

去年は枝が数本で花は3個。でも今年は13個以上の花が咲き始めました。まだ満開ではありませんが毎日見るのが楽しみです。

f:id:cherusi-kitchen:20170614224315j:plain

アジサイはどんな種類でもそれぞれの色と形が素敵。

f:id:cherusi-kitchen:20170614230108j:plain

 

あじさい祭り

 この時期はあちこちで「あじさい祭り」がありますが、我が町でも22年前から開催しています(いるそうです)。というのは、仕事を辞めるまで一度もこの行事に参加してなくて 、6,7年前初めて参加しました。そして思ったことは想像以上に規模が大きくて「地元のみんなは頑張ってる!」ってこと。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035035j:plain

 昨日の6月11日(日)は西村彦左衛門の「あじさい祭り」でした。

 年々規模も大きくなり、先日テレビでも紹介されたこともあってか今年は例年以上に大勢来てくださっていたように思います。

会場への車の乗り入れは禁止で、シャトルバスが何往復もしていました。

 

「五平餅」

f:id:cherusi-kitchen:20170612035828j:plain

 そうですヨ!!もちろん私たち劇団名物「五平餅」も販売します!

 

隠れファンが多くて、年に数回出店する「五平餅」を楽しみに待っていてくださいます。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035921j:plain

 五平餅はいつも前日に近くの公民館で作ります。今回も団員が集まり350本位作りました。米は地元のコシヒカリ。タレは醬油ベースにクルミ、落花生、ゴマなどを使い1週間以上寝かせた秘伝のタレです。分量の詳細は?で、団長と副団長しか知りません。

 10数名が午後2時から、ワイワイおしゃべりしながら作るのも楽しいです。

出来上がったのは5時でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035752j:plainクルミの焼ける香ばしいにおいがたまりません!ましてや「ボート下り」に乗るお客さんたちが並んでいる前で焼くのですから。。。。

で、今年は特にお客さんも多く9時頃から行列が出来き、とぎれることなく12時前には完売しました。一本食べたお客さんが何度も並んで買いに来てくれるのは嬉しいですね。「去年食べて美味しかったので今年も楽しみにしていた。」というお客さんの声を聴くと、頑張った甲斐があるというものです。

「ありがとうございました!」いつも感謝です。

 

:次回は10月頃にある「おいない祭り」と「メダカ祭り」に出展予定:

 

f:id:cherusi-kitchen:20170612034757j:plain

一番人気は「用水のボート下り」。船頭さんは中学生のボランティア。

今年も長い行列が絶えることなく続いていました。聞くところによると1時間半待ちは当たり前だそうです。「ディズニーよりはちょっとマシ」だと言っていました。

(この行列を見るといつも私は諦めてしまいます。ですから乗ったのは1回だけ)

他にも、「田んぼの綱引き」

f:id:cherusi-kitchen:20170612040446j:plain

田んぼの「綱引き大会」は近辺の職場や色々なチームが出場します。

私たち劇団も一度くらいは参加をしたいのですが、いつも「五平餅」焼きで終わってしまって、ホント残念!

 今年も地元の「消防団チーム」が優勝しました!

(普段肉体を鍛えていらっしゃるからね、最強です。)

 

そんなこんなで、今年も無事「あじさい祭り」が終わりました。

ふるさと屋

 先日、中学時代(一体何十年前?)の友人にラインで声を掛け同窓会のオフ会として久しぶりに集まりました。、、、といっても、「明日と明後日とどっちが良い?」って具合に声掛けした程度。

当然急だったので集まったのは私を含め3人でしたが、地元の田舎カフェ「ふるさと屋」に集合しました。

f:id:cherusi-kitchen:20170603011536j:plain

ここは旧S村の西村彦左衛門さん(といっても地元以外の知名度は0に近い)の生家。

現在は誰も住まわれていません。ここに4月20日にオープンしたばかりの田舎カフェ。

試験的に「火、水、木」とイベントがある日だけオープンしている気ままなカフェです。

f:id:cherusi-kitchen:20170603012446j:plain

 西村彦左衛門さんは、300年以上前に我が旧S村のかんがい用水を引くため苦労された方です。私も経歴は簡単に知っていましたが、ご縁がありこの方の劇に参加させてもらい急に親しみを持ったという訳です。

 カフェはオープンしたばかりなのと、営業時間が平日3日間だけなのお客さんはそう多くはありませんが、古い家屋は何か懐かしさが漂っています。通されたお座敷は遠い親戚の家に招かれた感じがします。

 彦左衛門さんの生家は造り酒屋だったのですが、井戸水は保健所に調べてもらい何の問題もないというお墨付きをもらったそうです。

  綺麗な井戸水で煎れた珈琲は格別でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170603014120j:plain

ランチは2種類のみ、地元玄米のお握りと具沢山みそ汁と季節の野菜の煮物。もう一つは写真の通り、地元の米粉を使って焼いたパンで作ったオープンサンドとスープ。どちらも600円。

メニューは多くありませんがどれもなかなか良いお味でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170603014716j:plain

 最後に友人がごちそうしてくれた地元の卵を使った”プリンとビワ”のスィーツは本当に美味しかったです。フルーツと戴く揚げパンもふっくらモチモチでお勧めです。

  気が付けば私たちは座敷で2時間もおしゃべりしていました。

 「ヤバい!」、、、、時間オーバーで慌てて帰りました。

この場所は私のお気に入りの一つになりそうです。。。ただ営業日がちょっと、、、。

 

 

え?もう6月!

 毎日の変化に振り回されながら気づくと,、もう6月じゃないですか。

梅雨までにやりたいこと、絶対やらなければいけない事など沢山あるのに、なかなか思うように仕事がはかどりません。

例えば”草刈り”

 草刈り機は最近よく使うので、歯がすり減って草が思うように刈れません。ボルトを外そうにも固くて外せず数時間悪戦苦闘。いつも暇そうに家の前を通るおじいさんも、この日に限って通りません。仕方なく次の日、近くの店に持って行って取り替えてもらうことにしました。

 取り替え時間5分、料金は500円(税別)しっかり取られましたけど(笑)。

新品の歯で刈るとあっという間にスカッと刈れる。ストレスもゼロ。

と考えると500円はお安いです。

二日がかりで気になっていた柿の木の草刈りと土手の草刈り終了。ふぅ~。

f:id:cherusi-kitchen:20170601022849j:plain

写真を撮ってもアップせず、一斉にブルーの花を咲かせたニゲラもあっという間に散ってしまい、今では緑の風船になってしまいました。これはこれで楽しいんだけど。。。

f:id:cherusi-kitchen:20170601030427j:plain

 

上の田んぼに待ちに待ったお客さんがやっと現れました。

f:id:cherusi-kitchen:20170601030658j:plain

「あれ?1匹だけ?」

いえ、もう1匹も少し遅れて田んぼに入り2匹は気持ちよさそうにスーイスイ。時々水草取りをしながら、、、。

f:id:cherusi-kitchen:20170601031106j:plain

あまり草取りしていないのに、もう休憩?

f:id:cherusi-kitchen:20170601031443j:plain

休憩の後、下の大きな田んぼで結構長い間、草取りをしてくれていました。

「ありがとう、また来てね!」

 

 先日、久しぶりに「いばら饅頭」を作ろうとサルトリイバラの葉を山道沿いで採っていると、

f:id:cherusi-kitchen:20170601031931j:plain

「あれ?」良いものを見つけました。

 

f:id:cherusi-kitchen:20170601032009j:plain

木いちごです!

赤も黄も触れただけでホロリと落ちてしまうくらい、よく熟してます。少し棘のある木にたわわに実っています。そんな木が5,6本。

ここにこんな木いちごがあるなんて、今まで気が付きませんでした。

ジャムが出来るくらい沢山生っていましたが、残念ながら袋を持っていなかったので少ししか採れませんでした。でもちょっと得した気分。

      甘酸っぱくて懐かしいお味でした。

 

気持ちの良い朝は、

 毎朝の日課は、起きるとすぐに居間とキッチンのカーテンと窓を開け、気持ちの良い空気を取り込みます。その物音を聞きつけた腹ペコのシュワ(別名:白いオッサン)を横目で見ながら神棚の水を替えそして一礼二拍手。

 やっとシュワにドッグフードをあげます。食べている間に、田んぼの様子を見ながら(大抵は水が減って土が見えているので)用水の瀬木を止め水をざぁーざぁー入れます。ここまでの時間の流れが一番気持ちが良いし、毎日ほぼ順序は替わりません。

 次の動作はシュワのトイレ散歩か庭の水やり、畑の様子を見るとか続きますが、シュワはまだ食べていたので今日は庭の水やりを先にしました。

ほぼ終わる頃、草むらにちらっと「赤いモノ」が見えました。「え?何?」

よく見ると、

f:id:cherusi-kitchen:20170518230431j:plain

「おぉー、イチゴだー!」

イチゴは畑でも少し作っているのですが、思わぬところで発見するとちょっと得した気分。しかもかなり大きいし。

迷わずプチンと採って口にポン。「美味しい!!」

少しでも嬉しいことや良いことがあると「これより良い事ってなぁに?」と問うようにと教えてくれた人がいます、確かに何かしら嬉しいことが続けて起こるものです。

f:id:cherusi-kitchen:20170518231335j:plain

散歩から帰って畑のエンドウを見に行くと、今朝もそれなりに採れました。これは夕食用に取って置いて、「百均のサニーレタス」と卵で朝食用の野菜サラダに。

f:id:cherusi-kitchen:20170518232241j:plain

昨日、友人からもらった”お多福ソラマメ”。

それらを切ったり茹でたりし、バタートースト、大好きな珈琲牛乳でやっと今朝の朝食になりました。

f:id:cherusi-kitchen:20170518232537j:plain

「ご馳走様でした!」。シンプルですが美味しかったです。

 

昨日は咲き誇っていたパンジーの茎が伸びすぎて乱れてきたので庭の隅っこに引越しし、初夏の花に衣替えをしました。

f:id:cherusi-kitchen:20170518232850j:plain

今年発売されたコメリのちょっと珍しい変わりペチュニア(ナイトスカイ)。娘の要望で色々なペチュニアを植えて楽しんでいます。

f:id:cherusi-kitchen:20170518233451j:plain

黄色のペチュニア。今は少しでも茎が伸びると花芽を切り取り枝分かれを促しています。こうすると一株でもかなり豪華に咲き乱れてきます。

f:id:cherusi-kitchen:20170518233727j:plain

デモルフォセカ:思った以上に華やかな花です。

f:id:cherusi-kitchen:20170518234214j:plain

花と葉を見ると

マーガレットの仲間だと思います。今年4月頃に小さな鉢で購入したのですが、少し大きな鉢に植え替えてやるとどんどん花芽を付け、2カ月以上咲いています。株で残せないか挿し芽が出来ないか挑戦してみようと思っています。

f:id:cherusi-kitchen:20170519000248j:plain

最後は”ロベリア”

次から次へとブルーの可愛い花が咲いてきます。夕方日が落ちてきても、ロベリアの花の辺りはぼぉーと薄水色に輝いて本当に美しい花です。昔はハンキングで楽しんでいました。

 毎朝、水やりをしながら「よく咲いてくれたね、ありがとう」

って思わず声を掛けてしまいます。

 

珍しいお客さんが、、

 久しぶりのお湿りです。朝から雨がしとしと降り肌寒く感じます。

f:id:cherusi-kitchen:20170510172643j:plain

 昨日までは上天気で苗箱の片付け、残っている個所の隅植え、凹凸の地ならしや散布など、ある時期の田んぼの仕事も一段落しました。

 田んぼの苗は皆に助けられて今のところ順調に育っています。

 

、、、と、見ると、、隣の水田に珍しいお客さんが。。。。。。

f:id:cherusi-kitchen:20170510172719j:plain

鴨の夫婦が水草をつつきながら優雅に泳いでいます。

f:id:cherusi-kitchen:20170510173128j:plain

”そちらの仕事(草とり)が終わったら、うちの田んぼにも来て!”って頼んだんだけど、果たして来てくれるかどうか、、、、??

 時々シラサギやアオサギ、ツバメたちが田んぼのカエルやオタマジャクシを食べに来ていますが、鴨さんは初めてみました。

   二匹を見ていると ”のどかだなぁ~~” って思わずつぶやいてしまいます。

     「また来てナ!」

 さて、残りの仕事は毎日の水の調節とモグラの穴退治。これが一番手ごわくて水が入っているにも関わらず穴が出来、長靴で踏みつけると「ぼこぼこ」沈みます。モグラの穴から水が漏れ、それが無ければ毎日田んぼに水を入れなくて済むのになぁと愚痴も出てきます。

 

 畑では、、、

f:id:cherusi-kitchen:20170510174202j:plain

 去年の秋はやる気が起こらず、今年の春野菜はあまり期待できませんでした。玉ねぎは晩生が不作、エンドウも植える時期が遅く花も少いので実つきも悪い。二日に一回だけ、かろうじて小さいザル一杯が採れ、昨夜はエンドウの味噌和えがやっと食べられたくらいです。ただありがたいことに、今朝はご近所の友達から沢山戴きましたが。。

f:id:cherusi-kitchen:20170510174626j:plain献立はエンドウの味噌和え、新玉ネギ、ニンジン、ゴボウのかき揚げ、サンマの蒲焼風、みそ汁、タケノコ煮、、、、

ホントに娘が言うように「質素」の一言ダ( ´艸`)。

f:id:cherusi-kitchen:20170510175625j:plain

 玄関を出ると、ほのかに良い香りがします。ん??

香りを辿ってみると、去年買ったレモンの木に花が沢山ついているではありませんか。

さっそく実がつくように筆で受粉をしてあげました。

 毎年、叔父叔母から家で採れたとレモンとネーブルを戴きます。その美味しいこと。勧められるままに私も植えてみることにしました。

楽しみがまた一つ増えましたよ。