cherusi-kitchenの日記

日々の生活に流されて、美しいもの感動したものを忘れ去る自分の為に書き留めておこうと始めました。その時々の季節の移り変わり、また自分の心の移り変わりも書き留めたいと思っていますf:id:cherusi-kitchen:20160309033342j:plain

シェアー

手抜きばかりの私の畑でも、、、、、

、、、、、、少しずつ他の野菜も採れてきました。

植えるのが遅かったナスも今朝はやっと4本採れました。

f:id:cherusi-kitchen:20170707215435j:plain

 我が家のキュウリだけは何故か元気で毎日ほぼ5~8本くらい採れるようになってきましたが、家族が少ないので一日2本で十分。残った5,6本をご近所さんにおすそ分けするとお返しが返ってきます。

四日前はキャベツとトマト(こっちの方が豪華ジャン!)、三日前は枝豆とズッキーニなんて具合に。ご近所さんとシェアーがまた楽しくて。

 

で、今朝メニューはそれらを使って、、、、

 

f:id:cherusi-kitchen:20170707220515j:plain

:チーズトーストとシェイク、ナスと大葉、キュウリの塩もみ、枝豆、ミニトマトにフライドポテト。採れたてのナスは、アクが少なく塩もみでも美味しく頂けます。朝から「フライドポテト」って変なのですが、

昨夜フライドポテトが食べたくてたまらなかったのですが、さすがに夜に高カロリーはまずいと思い我慢していたので、朝一で作りました。

 ジャガイモはハッシュドポテトにしても美味しいコガネマルという品種です。

 さて、作ってから気づきました。これって全部「おつまみ」やん!

 

 

 シェアーしたもの中心で夕食を作ると、、、

「シェアータジン鍋」の完成!

f:id:cherusi-kitchen:20170707223058j:plain

玉ネギ(自家)、キャベツ(ご近所さんA)、ピーマン(友人)、ニンジン(ご近所さんB)、ナス(自家)、インゲン(自家)、ミニトマト(自家)、シイタケ(友人)

トマト(ご近所さんA)、キュウリの漬物(自家)

 購入したものは、豚肉(細切れ)とモヤシのみでした。

最近どこかの番組でやっていた「食費0円生活」みたい(笑)。

シンプルでも美味しかったですよ。

「ごちそう様でした。」

 

やられたッー!!

 やられましたー!!

 腹立つゥ!!、、、、

 

 

f:id:cherusi-kitchen:20170630224022j:plain

心の中では「にっくきカラスめ!!」「クッソー!!」、‥などなど、到底人様の前で言えないような言葉が次から次へと出てきます。本当にガッカリです。

 「私のスイカ」は朝7時頃までは順調に育っていた、、、、はず、、、、なのに、9時頃に行った娘が「お母さん!スイカ食べられてる!」

  え~~~~~~っ!!

f:id:cherusi-kitchen:20170630225649j:plain

 7時頃に畑を見に行った時何度も確認し、上にパクチーの枝で覆い隠し、皮の黒いスイカなのでこれならカラスも気づくまいと思ったのが、甘かった!

 カラスは前家の屋根のてっぺんにとまり、いつも我が家の畑と幼馴染の畑、Tさんの畑の3つを偵察していたのは知っていましたが、今年はキュウリもトマトもカラスの餌食にならなかったのでちょっと安心してました。

すぐにグリーンの網を被せましたが、後の祭り。

このスイカは、後2週間もすれば美味しい1番成りのスイカとして食べられたのに、、、と思うと、何も手を打たなかった私の負けです(深く反省)。

(カラスは数週間前に、我が家のビワの木丸ごと1本を食べつくしたにっくきカラスの集団の中の1羽。)

 

f:id:cherusi-kitchen:20170630230706j:plain

残りのスイカにグリーンの網をかぶせ黒い覆いをしました。無事に育ちますように。

   ~ ~ ~ ~

 午後からは気を取り直し、先日採って来た「サルトリイバラ」の葉で「イバラ饅頭」を作りました。(先々週沢山採って来た葉は枯らしてしまいました。。。。反省)

f:id:cherusi-kitchen:20170630232046j:plain

 数年前まで毎年この時期になると30個~40個作ってご近所さんや親戚に少しですが食べてもらってました。最近は葉が減り山にも採りにいかなくなり自然に辞めてしまってました。

材料は…小麦粉、粒あん、熱湯、塩少々です。

小麦粉に塩を少し混ぜふるいにかけます。その中に分量の熱湯を注ぎ、木杓子で冷めないうちに餅のように半透明になるまでかき混ぜます。ねっとりした餅が出来上がり、小さくちぎり、手に粉を付け平たく伸ばして粒あんを包みます。サルトリイバラの葉(表)を包んで、湯気の上がった蒸し器で5分蒸しあげます。

f:id:cherusi-kitchen:20170630233359j:plain

 実はとっても簡単な饅頭ですが、サルトリイバラの葉が絶妙な香りをつけてくれます。サルトリイバラの葉が無いときは、ミョウガの葉で包んで同じように蒸すと良いよって曾祖母から教わりました。

 

f:id:cherusi-kitchen:20170630233600j:plain出来上がり!!

 5分蒸したところ。熱々は柔らかくて美味しいのですが、熱いので火傷に注意です。

 

 

f:id:cherusi-kitchen:20170630233800j:plain

今回も市販の粒あんを使いましたが、昔は家で小豆から作っていました。

 

f:id:cherusi-kitchen:20170630234227j:plain

素朴なお味で美味しいですよ。(市販の餡はちょっと甘すぎるけど)

 この地方では昔「野上がり饅頭」と言って、田植えが無事に終わってホッとした頃合いに作っていました。

「野上がり饅頭」を作る日は家族総出で朝早くから起きて釜に湯を沸かし、100個~150個くらい作りました。それを重箱にぎっしり詰め、親戚中に配っていました。

「今年も無事に田植えを終わらせて頂きました。手伝って下さった皆様に感謝します。」という意味合いがあるようです。

  今年最初に作った饅頭は15個。いつもお野菜を戴く近所の幼馴染に半分おすそ分けしました。

 

後から「ご馳走様  美味しかったです。」

とメールを頂きました。

~~こちらこそ、いつも美味しいお野菜をありがとう!~~

 

、、、カラスにスイカを横取りされたことは、スッカリ忘れてしまいました、、、

     単純です

 

 

サボりサボりでも、、、

 今年の畑は、気合も入らずサボりサボりの畑仕事でしたが、先日嬉しい発見がありました。

f:id:cherusi-kitchen:20170622165756j:plain

ダメ素で植えた「小玉スイカ」が育っていました。まだ直径5cmの可愛いスイカです。他にもそれより小さいのを2個ほど確認しました。カラスの餌食にならぬよう、さっそくパクチーの枯れ枝を被せましたが、、、、。

 植物は本当に正直で、世話をすればするだけ応えてくれます。少々遅く植えても、最初の肥料が少なくっても、後から追肥すればやった分だけきちんと育ってきます。

 

もう一つ、嬉しかったのは名前は忘れましたが「鉄砲ユリ」が咲いたこと。

f:id:cherusi-kitchen:20170622170727j:plain

色々な花がありますが、やはりユリの花は豪華で人目を惹きますね。ご近所の方も「りっぱなユリが咲いたね。」って声を掛けて下さいます。

 

しかし、、、、私が一番大好きな花で待ちこがれている、、、

f:id:cherusi-kitchen:20170622171048j:plain

カサブランカ」はまだまだ固いつぼみで、、、、いつ頃咲くのやら、、、、。

カサブランカの香りと豪華な姿は、(人にはそれぞれの好みがありますが)私の中ではもう女王様。

カサブランカ1本で周囲を良い香りで包み、リッチな気分にさせてくれる花は他には思いあたりません。(ユリの匂いがきつくてあまり好きではない友人もいますが。)

 

 畑の隅っこで、切り花用に育てている「ヒャクニチソウ」も花をつけてきました。

f:id:cherusi-kitchen:20170622172646j:plain

シジミチョウが一生懸命に蜜を吸っています。

 

真っ白な「ハナトラノオ

f:id:cherusi-kitchen:20170622173101j:plain

ヒャクニチソウハナトラノオも切り花用です。母が仏壇用にと玄関の鉢植えの花をちょん切ってしまうので私としては苦肉の策です。

f:id:cherusi-kitchen:20170622174350j:plain

昨日の雨で緑がますます濃くなってきました。

夏までに剪定してすっきりさせなければヤブ蚊の温床になってしまいますね。

 

 

初物

キュウリ初物です。

f:id:cherusi-kitchen:20170614220602j:plain「水」

サボりサボりの畑仕事は正直に野菜たちに現れます。

第一段のキュウリがやっと採れました。去年より12日遅れです。

去年は確か5月の末には数本採れていましたから。

でも遅くてもみずみずしいキュウリのお味は抜群。いつも第一段は「酢の物」ですが、

今回は「やみつきキュウリ」にしました。

 塩をまぶし板ずりしたキュウリをまな板の上でスリコギで叩きます。適度に切ったキュウリに少し塩を足し、ボールの中で休ませると良い色合いに。出た水分を絞り、ポン酢にゴマ油をポトンポトンとたらし、一味トウガラシを振りかけて出来上がりの超簡単料理。

お味の評判はなかなか良かったです。

f:id:cherusi-kitchen:20170614222014j:plain

可愛いキュウリの赤ちゃんは、毎朝星☆をくっつけて咲いてきます。可愛いったらありません。

10日も経たない内に食べきれない位生って来るでしょう。。。。多分???

 

10本以上あるトマトの苗は友だちに貰いました。

f:id:cherusi-kitchen:20170614222150j:plain

しかも、4種類のトマトの苗を貰ったはずですがごちゃごちゃに入ってて、どれがどれだかさっぱりわかりません。実が出来て最近やっと区別がつくようになってきました。

(トマトの周りのパクチーが、カラスからトマトの実を守ってくれるはず?)

 

アジサイ

f:id:cherusi-kitchen:20170614222909j:plain

〈テマリテマリ〉

去年、地区のバス旅行で行った「紫陽花の里」で、新作のアジサイ「テマリテマリ」を1鉢だけ購入しました。

一回り大きい鉢に植え替え、枝の剪定をしたり追肥をしたり大切に育てていました。

去年は枝が数本で花は3個。でも今年は13個以上の花が咲き始めました。まだ満開ではありませんが毎日見るのが楽しみです。

f:id:cherusi-kitchen:20170614224315j:plain

アジサイはどんな種類でもそれぞれの色と形が素敵。

f:id:cherusi-kitchen:20170614230108j:plain

 

あじさい祭り

 この時期はあちこちで「あじさい祭り」がありますが、我が町でも22年前から開催しています(いるそうです)。というのは、仕事を辞めるまで一度もこの行事に参加してなくて 、6,7年前初めて参加しました。そして思ったことは想像以上に規模が大きくて「地元のみんなは頑張ってる!」ってこと。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035035j:plain

 昨日の6月11日(日)は西村彦左衛門の「あじさい祭り」でした。

 年々規模も大きくなり、先日テレビでも紹介されたこともあってか今年は例年以上に大勢来てくださっていたように思います。

会場への車の乗り入れは禁止で、シャトルバスが何往復もしていました。

 

「五平餅」

f:id:cherusi-kitchen:20170612035828j:plain

 そうですヨ!!もちろん私たち劇団名物「五平餅」も販売します!

 

隠れファンが多くて、年に数回出店する「五平餅」を楽しみに待っていてくださいます。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035921j:plain

 五平餅はいつも前日に近くの公民館で作ります。今回も団員が集まり350本位作りました。米は地元のコシヒカリ。タレは醬油ベースにクルミ、落花生、ゴマなどを使い1週間以上寝かせた秘伝のタレです。分量の詳細は?で、団長と副団長しか知りません。

 10数名が午後2時から、ワイワイおしゃべりしながら作るのも楽しいです。

出来上がったのは5時でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170612035752j:plainクルミの焼ける香ばしいにおいがたまりません!ましてや「ボート下り」に乗るお客さんたちが並んでいる前で焼くのですから。。。。

で、今年は特にお客さんも多く9時頃から行列が出来き、とぎれることなく12時前には完売しました。一本食べたお客さんが何度も並んで買いに来てくれるのは嬉しいですね。「去年食べて美味しかったので今年も楽しみにしていた。」というお客さんの声を聴くと、頑張った甲斐があるというものです。

「ありがとうございました!」いつも感謝です。

 

:次回は10月頃にある「おいない祭り」と「メダカ祭り」に出展予定:

 

f:id:cherusi-kitchen:20170612034757j:plain

一番人気は「用水のボート下り」。船頭さんは中学生のボランティア。

今年も長い行列が絶えることなく続いていました。聞くところによると1時間半待ちは当たり前だそうです。「ディズニーよりはちょっとマシ」だと言っていました。

(この行列を見るといつも私は諦めてしまいます。ですから乗ったのは1回だけ)

他にも、「田んぼの綱引き」

f:id:cherusi-kitchen:20170612040446j:plain

田んぼの「綱引き大会」は近辺の職場や色々なチームが出場します。

私たち劇団も一度くらいは参加をしたいのですが、いつも「五平餅」焼きで終わってしまって、ホント残念!

 今年も地元の「消防団チーム」が優勝しました!

(普段肉体を鍛えていらっしゃるからね、最強です。)

 

そんなこんなで、今年も無事「あじさい祭り」が終わりました。

ふるさと屋

 先日、中学時代(一体何十年前?)の友人にラインで声を掛け同窓会のオフ会として久しぶりに集まりました。、、、といっても、「明日と明後日とどっちが良い?」って具合に声掛けした程度。

当然急だったので集まったのは私を含め3人でしたが、地元の田舎カフェ「ふるさと屋」に集合しました。

f:id:cherusi-kitchen:20170603011536j:plain

ここは旧S村の西村彦左衛門さん(といっても地元以外の知名度は0に近い)の生家。

現在は誰も住まわれていません。ここに4月20日にオープンしたばかりの田舎カフェ。

試験的に「火、水、木」とイベントがある日だけオープンしている気ままなカフェです。

f:id:cherusi-kitchen:20170603012446j:plain

 西村彦左衛門さんは、300年以上前に我が旧S村のかんがい用水を引くため苦労された方です。私も経歴は簡単に知っていましたが、ご縁がありこの方の劇に参加させてもらい急に親しみを持ったという訳です。

 カフェはオープンしたばかりなのと、営業時間が平日3日間だけなのお客さんはそう多くはありませんが、古い家屋は何か懐かしさが漂っています。通されたお座敷は遠い親戚の家に招かれた感じがします。

 彦左衛門さんの生家は造り酒屋だったのですが、井戸水は保健所に調べてもらい何の問題もないというお墨付きをもらったそうです。

  綺麗な井戸水で煎れた珈琲は格別でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170603014120j:plain

ランチは2種類のみ、地元玄米のお握りと具沢山みそ汁と季節の野菜の煮物。もう一つは写真の通り、地元の米粉を使って焼いたパンで作ったオープンサンドとスープ。どちらも600円。

メニューは多くありませんがどれもなかなか良いお味でした。

f:id:cherusi-kitchen:20170603014716j:plain

 最後に友人がごちそうしてくれた地元の卵を使った”プリンとビワ”のスィーツは本当に美味しかったです。フルーツと戴く揚げパンもふっくらモチモチでお勧めです。

  気が付けば私たちは座敷で2時間もおしゃべりしていました。

 「ヤバい!」、、、、時間オーバーで慌てて帰りました。

この場所は私のお気に入りの一つになりそうです。。。ただ営業日がちょっと、、、。

 

 

え?もう6月!

 毎日の変化に振り回されながら気づくと,、もう6月じゃないですか。

梅雨までにやりたいこと、絶対やらなければいけない事など沢山あるのに、なかなか思うように仕事がはかどりません。

例えば”草刈り”

 草刈り機は最近よく使うので、歯がすり減って草が思うように刈れません。ボルトを外そうにも固くて外せず数時間悪戦苦闘。いつも暇そうに家の前を通るおじいさんも、この日に限って通りません。仕方なく次の日、近くの店に持って行って取り替えてもらうことにしました。

 取り替え時間5分、料金は500円(税別)しっかり取られましたけど(笑)。

新品の歯で刈るとあっという間にスカッと刈れる。ストレスもゼロ。

と考えると500円はお安いです。

二日がかりで気になっていた柿の木の草刈りと土手の草刈り終了。ふぅ~。

f:id:cherusi-kitchen:20170601022849j:plain

写真を撮ってもアップせず、一斉にブルーの花を咲かせたニゲラもあっという間に散ってしまい、今では緑の風船になってしまいました。これはこれで楽しいんだけど。。。

f:id:cherusi-kitchen:20170601030427j:plain

 

上の田んぼに待ちに待ったお客さんがやっと現れました。

f:id:cherusi-kitchen:20170601030658j:plain

「あれ?1匹だけ?」

いえ、もう1匹も少し遅れて田んぼに入り2匹は気持ちよさそうにスーイスイ。時々水草取りをしながら、、、。

f:id:cherusi-kitchen:20170601031106j:plain

あまり草取りしていないのに、もう休憩?

f:id:cherusi-kitchen:20170601031443j:plain

休憩の後、下の大きな田んぼで結構長い間、草取りをしてくれていました。

「ありがとう、また来てね!」

 

 先日、久しぶりに「いばら饅頭」を作ろうとサルトリイバラの葉を山道沿いで採っていると、

f:id:cherusi-kitchen:20170601031931j:plain

「あれ?」良いものを見つけました。

 

f:id:cherusi-kitchen:20170601032009j:plain

木いちごです!

赤も黄も触れただけでホロリと落ちてしまうくらい、よく熟してます。少し棘のある木にたわわに実っています。そんな木が5,6本。

ここにこんな木いちごがあるなんて、今まで気が付きませんでした。

ジャムが出来るくらい沢山生っていましたが、残念ながら袋を持っていなかったので少ししか採れませんでした。でもちょっと得した気分。

      甘酸っぱくて懐かしいお味でした。