読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cherusi-kitchenの日記

日々の生活に流されて、美しいもの感動したものを忘れ去る自分の為に書き留めておこうと始めました。その時々の季節の移り変わり、また自分の心の移り変わりも書き留めたいと思っていますf:id:cherusi-kitchen:20160309033342j:plain

春本番

f:id:cherusi-kitchen:20160422120828j:plain

昨日は雨が降ったのにもかかわらず、今日は風も穏やかで

気持ちの良いお天気です。

クリサンセマムにもシジミチョウが、飛んできて一生懸命に蜜を吸っています。よほどお腹が空いていたのかカメラをどんなに近づけても逃げようとせず、花と花の間を忙しそうに行き来していました。

f:id:cherusi-kitchen:20160422121336j:plain(イキシア)

二十数年前に他界されたお義母さんから、”名前は知らないのだけど綺麗な花が咲くよ”と、小さな鉢に芽を出した1本を頂きました。今では少しずつ球根が増え続け、毎年優しい花が咲いています。私の大好きな花の一つです。

f:id:cherusi-kitchen:20160422122133j:plain

この花も早期退職したときに、親しくしていた方から一株頂きました。”花が終わっても捨てないで、種をあちこちに撒いておくと毎年咲くからね”と、教えてもらいましたが名前を聞き忘れました。大きな株になるので、白いクリサンセマムと相性よく毎年咲くのを楽しみにしています。

f:id:cherusi-kitchen:20160422123048j:plain

このヒメキンギョソウは、それこそ二十年以上前から種がこぼれ

毎年可愛い花を咲かせてくれます。あまりにも場所を問わず咲きだすので、一時”迷惑な花”と思った時期もありましたが、今では、”また今年も忘れず咲いてくれてありがとう”、の気持ちです。

母は仏壇の花がないとき、一時しのぎでよく使ってます。花が短いのですぐに散ってしまいますが。

f:id:cherusi-kitchen:20160422121304j:plain

数日前から腹痛と吐き気で体調を壊し三日間寝ていました。馴染みのお医者さんは、‘‘よくある胃腸風ですね”だって。。

我が家では風邪を引くと必ずお粥と梅干しです。梅干しは決まって鰹節と一緒にいただきます。

そういえば、私がインフルエンザで寝込んでいた時、当時まだ小3と小1だった子ども達が、少し硬いお粥と梅干しに鰹節をかけて持って来てくれたっけ。お茶も忘れずに。それがすごく嬉しかったことを思い出しました。